海外旅行 宿泊先 決め方

海外旅行に行くときの宿泊先の決め方について

海外旅行に行く時に、宿泊先を考えると思いますが、初めていく国であるとどこの宿泊先が良いのかわかりません。

海外旅行をすると最も長い時間を過ごすことになるので、ホテルだと思います。 せっかく海外に行くのであれば、後悔しないホテルを選びたいと思っている人がほとんどだと思います。

ではどのように宿泊先を決めて行けばいいのかを見ていきましょう。

1番手っ取り早いと考えられるのは、旅行パンフレットを見ることではないでしょうか。 旅行パンフレットを見ると、そのホテルの情報や星の数が書いてあります。

そのため、どういったホテルなのかを知ることが出来るのです。 ですが、これは1つの基準となるだけで、誰でもそのホテルに満足出来ているという訳ではありませんので、勘違いしないようにしてください。

ホテルを選ぶ時の参考として旅行パンフレットを見るようにするといいのかもしれません。

また1人で旅行に行くのであれば、自分で色々見て選んでいけばいいと思いますが、誰かと一緒に行くのであれば、行く相手に合わせて宿泊するホテルを考えなくてはいけません。

一緒に行く相手がいるのであれば、その相手と一緒に考え決めて行けば、もしもあまり良くないホテルであっても、喧嘩になったりしないのではないでしょうか。


また女性同士で旅行に行く時のホテル選びは、1番重要となるのがお風呂ではないでしょうか。 1泊の旅行であれば、それほどお風呂は気にならないのかもしれませんが、3泊以上になってくると、疲れた体をゆっくりお風呂で休ませたいと思う物です。 そのため女性同士で旅行をするのであれば、お風呂を重視して考えるといいのではないでしょうか。

次に、子供連れの旅行の時にホテルの選び方は、ホテルによっては、12歳以下、16歳以下の子供は利用不可というようなホテルもあるようです。 そのため、子供連れで旅行をするのであれば、その点なども事前に確認しておく必要があります。 子供は騒いだりしてしまうのが当たり前なので、そのような点も考えながらホテル選びをしていきましょう。

逆に年配の人連れの旅行をする時のホテルの選び方は、家族みんなが同室であれば問題はありませんが、別々にする場合は、日本人利用者を意識して作られたホテルを選んだ方が良いでしょう。 そういたホテルであれば、日本語で対応をしてくれるので、年配の方であっても安心して宿泊することが出来ると思います。 また室内にも、バストイレルームにも、利用案内がありますが、それも日本表記であれば、安心ではないでしょうか。

続いては、新婚旅行時のホテルの選び方についてですが、新婚旅行はとても大切なので、選び方も慎重に行わなくてはいけません。 海外旅行に慣れている人であれば問題はないかと思いますが、そうでないのであれば、パックツアーなどの方が安心かと思います。 また語学力に自信がないのであれば、日本人スタッフがいるホテルにすると不安が減り楽しめると思います。 新婚旅行で失敗してしまっては、せっかくの新婚旅行が台無しになってしまうので、気を付けましょう。

最後に長期滞在する人のホテル選びについてです。 長期滞在をするのであれば、ある程度大きい部屋が必要になります。 品質というよりも、ゆったりとすることが出来るのかの方が重要になってきます。 また長期滞在だと、日頃使用するスペースがどうなっているのかもしっかり確認しておくと失敗を減らすことが出来ると思います。 このように誰と旅行に行くのか、どれくらいの期間滞在するのかでも、ホテルの選び方が異なってきますので、それらによってあった考え方をしていくといいのではないでしょうか。

後悔しない旅行をするために、事前に調べ、しっかり慎重に考えて行けば、後悔することなく、旅行を楽しむことが出来るのではないでしょう。 またいいホテルに泊まることが出来れば、2回目に同じ所に旅行に行く時にも、同じホテルにすることが出来るので、2回目かたは悩まなくてよくなると思います。

またホテルには、部屋のタイプがあります。
・シングル
・ダブル
・トリプル
・ジュニア・スイート
・スイート

などがあります。これらは日本と同じですが、どれにするのかも行く相手と話し合って決めるといいでしょう。

せっかく海外旅行に行くのであれば、全てにおいて後悔しないで、楽しく過ごしたいと思う物だと思います。 そのためには、しっかり計画することと、宿泊先もしっかりしていて後悔しないかを慎重に考えなくてはいけません。 始めにも言いましたが、旅行中に1番長く過ごすのが、ホテルなのにそこが気にいらなかったら、せっかくの旅行が台無しになり、楽しめないと思います。

また1泊であれば、我慢が出来るかもしれませんが、3泊するのに気にいらない部屋だったとしたら、その間何をしても心から楽しめないと思うので、「宿泊先なんて安ければどこでもいい」と考えず、慎重に考えて旅行を心から楽しめるようにしましょう。